LVE、またエラーに出会う

長らく眠っていたiMacの封印を解いた。
そこで出くわしたバグは如何に?

まず4つのメモリのうちの一つがエラーが出て、起動ができなかった。
なんども掃除して、起動まではするようになったが、すぐにエラーが出て、ビープ音が止まらなくなる。

そして、そんなことをしている時、電源ケーブルを抜き忘れて、メモリを抜き差ししたら、見事にブートディスクのエラーを呼んできてくれた。笑

そして、修復作業をしていると、「ノードの構造が間違っている」とのこと。

fsck_hfs -yprd /dev/disk0s2

といったコマンドを試したが、「disk full error」で修復は不可能だった。
Magicですね。笑

それでバックアップを取った。そのバックアップ先では、上記のコマンドが動いて、二回目で修復できた。

でもそれだけではないんです。なぜかそのOSは電源を切るたびにトラブルに会うのか、またOSが壊れて、リカバリすることになりました。そして、ついにもっとひどいクラッシュをして、中のデータにアクセスできなくなりました。それはまたこれから直さないと。
直るかはちょっとまだわかりません。他のパーティッションのOSはそんなことはないんですけど。macosが二つ入っていて、一つは、クリーンインストールして、Timemachineからデータを移行したもので、そちらはまだそんなにエラーは出ていないんです。封印した時のOSがエラー臭くなっています。クリーンインストールしたほうがいいのかな。

補足

fsck_hfsのオプション
上記のオプションはbtreeのエラー用だったと思います

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

y ・・・ 常に見つかったダメージを修復しようとする

p ・・・ preen(修復) 特定のファイルシステムを修復する

r ・・・ カタログbtreeを再構築する

d ・・・ デバッグ情報を表示する

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Advertisements

6月になった。

体調は落ち着いてきた。まぁそれでも平均割れの、期末テストだったら頭かかえるレベルではあるけど

北陸、石川、金沢では百万石まつりが昨日行われ、フィギュアの大会も催された。

ゆづブームがきたよ。😨

戦士ナカムラは狂戦士nタナカへと変化した。

至らない点も多いけど。

でも今も肩が痛いし、胸も苦しい。

間違ったクリーニング剤をつかって、kure556爆睡
このきつさ、なんか、システムの復元騒動だ。

(*^^)vまたよし