収録・録音機材に関するYouTube動画撮影を振り返って

まずうろ覚えの知識の所とか、新しい発見の所、訂正箇所とかを記す。

マイクが送るのは電流か、電圧か?

電圧じゃないかな。シンセとかVCOってVoltage Controlled Oscillator の略だし。電圧制御発生器でしょ?まだ未確認だけど

あとビットデプスは16ビットか24ビットかだ。32ビットじゃなかったと思う。

バッファの所もちょっと曖昧だった。コンピュータのCPUのクロック周波数とサンプリング周波数の比較とかすごい有意義と思う。サンプリング中にコンピュータ内部で起こっていること、もちろんマルチタスク、マルチスレッドでの話になるけど。その辺りも突っ込んでいくと面白過ぎると思う。

Periodってサンプリング周波数のことかな。なんだろ。

また後で書こう。

あと次のポストの予定のこととか、草稿とか書いていこう。

M87銀河の中心のブラックホールの撮影成功した新聞の記事を読んでて、ふと「プログラマが何を考えているか」なんてテーマは面白いなと思った。

実は自分の現時点での”最終奥義”は、分野でいうと、信号処理のとこなんです。MITのOCWでいうところの”Signals and Systems”に分割されているあたり。

自分の場合は「フーリエ変換にまつわる、数学的な仕組みと応用がなんとなく頭に入っている」というのが、科学を志すものとしての達成度を表しています。

ここがわかると、自然と電波望遠鏡のこととか、レーダーのこととか、計測器の仕組みがわかるんです。

幾何学というのは、英語でいうと”Geometry”、Geoは地球という意味で、Metryというのは計測する、という意味です。

地球を計測する、というのは大変なことで、科学者として大きな偉業に関わるということです。

いまはArduinoやRaspberry Piでセンサー類の工作が手軽にでき、学べます。

自分は海の生物のレーダー探査とか、別の惑星のそれぞれの温度の計測とか、いつか関わって見たいですけど。

まぁJavaでスペクトルアナライザとか、自分のライブラリで書いてみたいっていうのもあります。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s