Roland Space Echo RE-201 のメンテナンスと改造

  • 開けるとき、ネジは裏のものを外して、横のものを外す。
  • テープは取ってから解体、開ける。
  • テープ入れるときは、左下のとこからだけからあまりを出す。蓋は閉めて、手袋(コットンの綺麗なもの、100均にある)した手でガイドすると楽。
  • テープは黒い方が外側、茶色い方が内側。つなぎ目のセロハンテープは黒い方に貼ってある。
  • サイドの金属は内側に回っているのが正しい。
  • リバーブの返りは、電源ケーブル入れの箱のとこだと思う。

個人的には、インテンシティはともかく、リターンはmaxがいいと思う。リバーブもそう。

一年の時を経て、かなり治った。結構整備された一台になった。ガリが消えたし、電源ケーブルも変えてある。あのときは困った。Quite Large Liveという、サンクラにあげてある音源録ったばかりだったと思う。まじナエタ。ダビスト壁にぶち当たる、だったな。^ – ^

あとはテープを、テスト用の古いのから、一年前に変えたやつにして。って、返りがマックスになってるかチェックしないとか。。。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s