スパイダーマン:スパイダーバースを観たよ

僕はスパイダーマン:スパイダーバースをぽすれんではじめて観た。始めにもっていたクオリティーに関する心配は、観ているうちにすぐになくなった。

放射性のクモというのが、スパイダーマンになるための鍵となる存在で、それにかまれるとスパイダーマンがもつ体の強靭さや、超強度の糸を手から分泌し、さらには飛ばす能力(スレッドシューターなる装置も使う)、抜群の反射の能力などを持つとされる。忘れてはならないのが、壁を登る能力。ファンデルワールス力が関連した能力のようだ。そして、あらたにその放射性のクモにかまれ、スパイダー能力をもつ若者がでてきた。そのひとりが今回のメインキャラのスパイダーバースである。彼は先輩ピーター・パーカーに反抗しつつ、衝突したり、葛藤しながらも成長していき、ピーター・パーカーに育てられていく。しかしそのピーター・パーカーも問題を抱えていた。そこに可愛らしいグウェンというバースの同校生も現れる。

悪役の黒スーツの巨漢で頭・首が胸の真ん中あたりにある、恐ろしい強さのヴィランもセリフがなんだか愛嬌がある。なんだか新時代を感じる作品。

スパイダーマン映画史上最高傑作というのも、嘘ではないと思う。独特の映像効果や、フラットでやや平坦だけど、Loveを感じる世界観、マーヴェルシネマティックユニバースを思わせる、キャラの画風の違いなどを観ていて、楽しいなぁと感じながら観ていた。とくに量子力学の世界を思わせる、痙攣的で、カラフルで、超ミクロ、かつ超巨大(量子の定性・定量観測用)機器などの映像効果が、新世代CGアニメといえる水準にあると思う。

アントマン以降の時空移動の概念が盛り込まれている。小さなスパイダーブタとか、日本のサイバーハッカー女子高生とかでてくるのだけど、そこも新感覚。マーヴェルシネマティックユニバースの文脈である。スポーンを連想させるスパイダーバースの身内のヴィラン?もでてくる。

Marvel映画はプロットが複雑で、ヒーローごとの映画を観て、それぞれの人物像をつかんで観ると笑えるシーンが増えます。

マーヴェルシネマティックユニバースとは・・・

マーヴェルコミックの別々の漫画の主人公や登場人物が、同一の世界のなかで、一本の映画の中ででてくる世界の作品群。代表作にAvengersシリーズが上げられる。

スパイダーマンの能力ー参考(英語文献)

https://spiderman.fandom.com/wiki/Spider_Powers

https://en.wikipedia.org/wiki/Spider-Man#Powers,_skills,_and_equipment

スポーツが面白い、だけど危険がたくさんある。だから安全に、慎重にする。

最近サーフィンを再開した。海で高熱にかかってから三年くらい自粛していた。しかし思い切って再開したところ、ライフバランスが整った。

でも海で波のたつ日は、危ない日が多い。自分の住む金沢市、石川県は海岸の侵食による地形変化の問題(ダムの建設による、山からの土砂の流入が減少していることが主な原因か)、イカリモンハンミョウという絶滅危惧種の激減、海洋汚染などの問題が重なっている。

今年の秋冬はなんかヤバい雰囲気。日本海の荒波、冷たい海水に、冥界のオーラが漂う。

天気図を欠かさず観て、二回海に入ったが、ブレイクしないアウト(沖)には、パドルアウトしなかった。一回目は、すぐに日の入が近づいてきたし、二回目はかなりハードでジャンクなコンディションだった。最近、漁師の水難事故もあったし。こっちは土砂の流入で、港が浅くなり過ぎていて、急な高波が生まれたよう。海底が浅いと、波がブレイクするから、港は浅いと危ない。河口そばの港での事故。

熱が出てからは、安全のことをよくよく考えて海に行くようになったのかも知れない。

追記 令和元年12月12日

先日、実はスケボーをした。実はamazonでEnkeeoのペニースタイルの板を(コンプリートセットだけど)買って、サーフィング陸トレ・番外編・みたいなところもあった。家で、パドルとスタンドアップの練習ばかりしているわけにもいかないし。
もちろん海の風・波・地形・気圧の勉強はとても効果がある。そこから詳しく書く、というのもいいかもしれない。実は昨日、海に行って、2時間弱居て、スープに一回乗って、夕闇を恐れて、大至急地方都市郊外の渋滞に逃げ込み、そこでやっと一息つけた。天候はどんよりした曇り。波は荒れていて、パワーがある。石川は海岸の浸食問題が深刻で、波が帰るときの砂の量が多い。はっきりいって、ボードと冬用のセミドライウェットスーツなしでは、すぐにショック死するのでは、というくらい冬の海は厳しい。

自分は、日の入りの時刻が16;38ということを調べていた。実際は20分前には、そう、冥界のオーラが漂う予兆がある。日の入り前にビーチを去らないと、冬は怖い。天気図を見ていて、冬型の西高東低の気圧配置がゆるんだ、ねらい目の日取りだったかと思ったが、波はパワーがあって、波の割れ方も不揃いだった。うねりの方角から、大浜というビーチのほうが教科書的にはいいと予測したが、そこにはいかず、直近のしおさい(安原海岸)のポイントに行った。入水は二回目。ポイントに行ったのはは6回目くらいだとおもう。

その日は波を見ている時間は20~30分は取っていたが、サーフビートを観察する気にはならなかった。サーフビートというのは、波の集団の周期のことだけど、前回はきっちり測り、8分で大きな波の集団(セット)が来ていた。その大きな波はかなり大きく、肩くらいあったかも知れない。ひときわ大きいなみの集団。

追記 令和元年12月27日金曜日(Vendredi(仏語で金曜日))

海の危険性について

1.潮の流れ、とくに離岸流(リップカレント)

離岸流で沖に流されるケース。ブレイク(割れた波)が沖に帰るときの流れが、学問的にはリップカレントとされている。この海水が沖に帰るとき、ビーチに近い岸にいれば、砂も持ってかれている感じが、立っていれば足で感じられると思う。先述の、しおさい入水二回目のときは、帰りの海水と、一緒に沖側に行く砂の量といきおいが、すごかった。しおさい入水一回目のときよりも、遥かにたくましくて、厳しいリップカレント。

これが離岸流の元になっている。離岸流は、岸や浜に打ち寄せられた海水が帰る通り道のこと。これが一箇所というか、沖へ一本の道になっているところが危険なポイントとなる。なぎの日ならば、もとから海水が岸に押し寄せてこないので、リップカレント(離岸流)は弱いと思う。逆に大波の日は、岸に入る海水が多いので、岸から沖に出る海水も多い。それがリップカレント(離岸流)現象である。

とくにテトラポットや、堤防付近は、その海水が沖に戻る通り道ができているので、基本的に近づかないほうがいい。自分は絶対近づかないようにしている。テトラに吸い込まれて死にそうになったという記事はWebでもよく見られるが、たとえ助かったとしても、大惨事になるよう。

ゲッティングアウト(パドルアウト)は沖をgetする、沖にパドルする、という意味だけど、その時にリップカレントを利用する人が多いと思うけど、それも海をよく見て、その日の海が気持ちいいか判断して決めた方がいいかもしれない。自分は、それは危ないと感じることもある。

離岸流があるところは、砂浜の波打ち際が、岸(浜)側に出た扇形の場所が多い。湾になっているところ。そのすぐとなりは、沖側に突びでた扇形のところになっていることが多い。岬になっているところ。

湾になっているところは、岬から入ってきた海水が、戻るときに湾の方から沖に帰ることになるから。

リップカレントの大きさは、横幅は10~30m以上とされている。ただ沖側への長さは数10m~数100m以上もあるので、流されていることに気がつかなければ、かなり危険だ。幅が30mもあった場合、最悪の場合、横にパドルして、離岸流から逃れても、逃れた頃にははるか沖に流されているだろう。離岸流は秒速1~2m以上あるとされているので、十秒で流れから逃れても、秒速2mの離岸流ならば、20m沖に流されている。30秒なら60m。もしセットの波に巻かれてから離岸流に流されたとしたら、数100m流されてしまうかもしれない。岸に向かってパドルしたとすると、オリンピック選手でもかなわない。

こういうデータは、海水浴ができる日に合わせられていることもあり、大波の日はもっと激しいかもしれないので、本当によく注意しよう。

あと日本海側は、南からの風でも、あっというまに沖に流されるケースがあるよう。

2.海中の生物に襲われる

海には、様々な生物がいるが、海底にいるアカエイを踏んで、刺されるケースがある。痛いらしく、毒もあるので、ショックを起こす人もいるよう。刺されたら、毒を絞り出

して、真水で洗い、バケツに45℃程度のお湯を入れて、そこに患部を入れる。これで、アカエイのたんぱく質からできている毒が、お湯の高温で分解される。

ウニの場合、とげを抜こうとすると折れる。化膿の原因になり、最悪切開して抜かなければならない。

珊瑚や、貝の切り傷も化膿の原因になりやすく、徹底的に洗い流して、止血して、充分に消毒する。

3.他のサーファーとの衝突事故

4.傷が化膿する

5.風邪・インフルエンザにかかる

6.鼻や耳に入った海水から感染症にかかる

自分は、プッシングスルー中に、鼻の穴から海水が入り、晩になって驚くほどの高熱がでたことがある。39度くらいでて、鎮痛剤を飲んだら、アレルギーが出て、蕁麻疹がでるようになった。しばらくウェットスーツを着ると、蕁麻疹がでるようになった。それで冒頭に書いたとおり、三年近くサーフィンをしていなかった。

危険性の項目および海中生物に襲われたときの対処法は SKI JOURNAL PUBLISHER INC. 「サーフィン虎の巻」小林弘幸 著を参考

リップカレントについては、Youtubeの英語の地学に関する動画や、日本語と英語両方のWebの情報を参考

Google AIY (Raspberry Pi Zero WH) のVNC接続(モニターシェア)

AIY、ずっと放置していたが、「Linuxサーバーがゼロから作れる本」を読んで、サーバー化したくなった。

なんとなくAIYのpythonプログラムの書くほうも挑戦したくなった。

デスクトップ画面をMacから見れるようにする所から始めた。

OSはraspbianが入ってみたいだ。

tightvncserverを少々苦戦しながらインストールし、今回は大成功。

これでSSH接続からだとフリーズしていたaiyスクリプト、常時使えるようになつた。

iMacのSDD増設にまつわるトラブル

SSDの換装は、今回が三台目、だけど相手はimac、気は抜けない。

 

ファンコントロールのセンサー対策してあるケーブル買ってから、しばらくたったな。

増設用のケーブル、amazonusから買って、届いてちょうど3ヶ月くらい放置していた。

https://smile.amazon.com/gp/product/B00BJAKBMM/ref=ppx_yo_dt_b_asin_title_o00_s00?ie=UTF8&psc=1

Instllation video

https://www.youtube.com/watch?v=03Lg4IgJd04

で作業は終えて、どきどきの瞬間、「起動 ジャーーン」

何が起きたか?

事故が重なったのか、ファンが暴走する、ディスプレイが写らない。

ファンの暴走は、サポートに問い合わせてみたところ、テクニカルサポートに報告するよう言われた。

初期不良の可能性があると思った。

ディスプレイの写らない原因は、もともと破損気味だったLCDフラットケーブルが断線下のではないかと思う。ただ確証はない。それがまた心労になる。

しかも交換品買うとしたらアメリカのamazonからの取り寄せになる。

1、2,3週間配送にかかるかで、料金が変わってくる。

2000円、1500円、1000円くらいか。

どうしようか迷うな。

サポートの返信着てから考えるか。

imacのメンテナンスでは、ブートディスク壊れたことが二回あるし、メモリも一個壊れたことがある。GPUも二回壊れて、リフローで直せたけど、再発する可能性が高い。

前は最初のリフローから一年くらいもった。二回目はいまで4ヶ月くらいもっているのかな。

パソコン4台持っていて、デュアルブートいれると、7つもOSのメンテしていることになるなぁ。
またiMacのem-pちゃん、手間取らせてくれるでざんす。

Linuxカーネルのメモ 自主コンパイル (Linux From Scratch)など

いつか、カーネルをコンパイルして、ビルドして見たいと思っている。

面白いサイトを「日経リナックス 絶対わかる!Linuxカーネル完全入門」を読んでいて、見つけた。p164ページに載っていた。小さくて、我ながら目ざとい。w

日本語訳はこちら

http://lfsbookja.osdn.jp/

 

プログラミング言語goのインストール、他メモ

MacOS版をダウンロードしたが、ターミナルから起動できなかった。調べ見ると、パスが通っていなかったようだ。

ルートから ./usr/local/go/bin/go

で起動できた。

PATH=”/usr/local/bin:/usr/bin:/bin:/usr/sbin:/sbin:/Users/masa/bin:/Users/masa/bin_test:/Users/masa/Code/ProtoTypes:/Users/masa/Code/Bash/youtube-dl_customs:/usr/local/go/bin”

以上のように、pathを追加して、goと入力するだけで起動できるようにした。

https://golang.org/doc/install?download=go1.12.5.darwin-amd64.pkg

 

Goって案外システムプログラミングに対応した、低レベルの言語なのか。

C++とアセンブラで書かれているよう。

作者はC++嫌いって言ってたな。笑

 

Logic キーコマンドメモ

キーコマンドを開く opt + k

おおよその位置にロケータを設定してサイクル再生  command + =「+」(ユーザー定義)

リージョンをナッジ opt + arrow (リージョン右クリックから移動>調整の単位を選択する) 参考 https://sleepfreaks-dtm.com/for-advance-logic/nudge-3/)

 

 

 

Apple Logicメモ

Logic のオーディオトラックは1トラックに一オーディオで同時発音はできない

コンプ コンピング テイクフォルダ

ズーム opt cont arrow

リージョンのコピー opt drag

リージョンの長さの変更 cont drag, cont shift drag

ツールの変更 esc num

Snapスマートモードはアレンジ領域の表示倍率に依存

ピアノロールエディタで

ベロシティツールで音量調整

すべてのレングスを同じにする

Opt shift drag

MIDIキーボードから調整

midi入力ボタンをダブルクリック

クォンタイズ

Q

3連譜 分解能 1 on 6 12 24

MIDI alias = shift opt drag

Hyper Editorでのドラム打ち込み

ルーラのタイムラインの単位

時間から小節へ変更

バールーラ

アレンジウィンドウの右上のアイコンクリックして時間、小節選べた

コンプレッサーにサイドチェーン使ってみた

マニュアルやばい

エフェクトの説明とか

 

Logic Exs24 mkIIのメモ

トラックをサンプラートラックに変換で、トランジェントの数をエディットは、サンプルエディタからViewの隣のアイコンをクリックして、ーと+マークをクリックして調節。

そのあとに(再び)サンプラートラックに変換する。

DVDのリッピングと書き込み

DVDのリッピングデータ(ちょっと違法なんけ?てか違法にちょっとも大分もないか)をDVDに、DVDプレーヤーで再生できる形式で書き込みする方法を調べていた。

今回もWindowsの限界まで怪しくなってしまった世界を垣間見た。

すぐにヒットしたページは商業会社によって運営されていたし、リンク先のソフトも、ウィルスソフトで引っかかるような怪しいものだった。

はぁ、LINUXで使ったことあるk3bはWindows版ないようだ。これはISOファイルじゃなくても焼けたっけな?

なんか一度ISOファイルに変換して焼かないといけない模様。

imgtool classicというソフトを使って変換したあとdvddecrypterで焼こうかな。定番みたい。