Logic キーコマンドメモ

キーコマンドを開く opt + k

おおよその位置にロケータを設定してサイクル再生  command + =「+」(ユーザー定義)

リージョンをナッジ opt + arrow (リージョン右クリックから移動>調整の単位を選択する) 参考 https://sleepfreaks-dtm.com/for-advance-logic/nudge-3/)

 

 

 

Advertisements

Apple Logicメモ

Logic のオーディオトラックは1トラックに一オーディオで同時発音はできない

コンプ コンピング テイクフォルダ

ズーム opt cont arrow

リージョンのコピー opt drag

リージョンの長さの変更 cont drag, cont shift drag

ツールの変更 esc num

Snapスマートモードはアレンジ領域の表示倍率に依存

ピアノロールエディタで

ベロシティツールで音量調整

すべてのレングスを同じにする

Opt shift drag

MIDIキーボードから調整

midi入力ボタンをダブルクリック

クォンタイズ

Q

3連譜 分解能 1 on 6 12 24

MIDI alias = shift opt drag

Hyper Editorでのドラム打ち込み

ルーラのタイムラインの単位

時間から小節へ変更

バールーラ

アレンジウィンドウの右上のアイコンクリックして時間、小節選べた

コンプレッサーにサイドチェーン使ってみた

マニュアルやばい

エフェクトの説明とか

 

Logic Exs24 mkIIのメモ

トラックをサンプラートラックに変換で、トランジェントの数をエディットは、サンプルエディタからViewの隣のアイコンをクリックして、ーと+マークをクリックして調節。

そのあとに(再び)サンプラートラックに変換する。

Spiritual Dub リミックス・マスタリング記録

Logicでリミッターをかけた。プリセットのラウドマスタリングのゲインとアウトプットの調整のみ。

S3000XLに入れて、M160からセンドでRE201とSP303のコンプ、TB09のオーバードライブをかけた。(ちょっと、0.4セントピッチを下げた。サンプリングレートも半分にした。)

そのあとS3000XLのローパスフィルターを−11にしてまた録音。

二つをミックスしてバウンス(ノーマライズあり)

 

Thank tow-dog.net for the nice photo!

https://w-dog.net/

Logic エンバイロメントでMachindrumのMIDI入力をスルー(フィルタリング)する

Logic Machinedrum midiノートスルー設定

エンバイロメントから設定しなきゃいけないっぽい

midiインプットデバイスが選択できないのかな

インスペクタに項目見つからない

mdからノート情報送信しないようにできるかな 出来ないよう

やっぱりエンバイロメント使うしかないらしい

ということになって、エンバイロメントを2時間弱学習した。

そのことについては、別ページで書いている(ところ)。

案外簡単に書けた。

Screen Shot 2019-05-06 at 18.02.24

  1. Environmentウィンドウを開いて、(自分はMacもLogicも英語で使っています、たまにメッセージダイアログの回答ヘぼるけど…)
  2. レイヤーはClick&Ports選ぶ。
  3. 新規でトランスフォーマーオブジェクトを作る
  4. Input NotesかInput Viewオブジェクト、どちらでもいいけどその前にトランスフォーマーオブジェクトを挿入(インとアウトどちらもつなぐ)
  5. トランスフォーマーオブジェクトでモードを”Filter matching events”選択
  6. チャンネルを5−8を条件として選択(自分のMDはこのチャンネルのシグナルを送信している。デフォルトだと1−4。MDは4チャンネル使う仕様になっている。)

Screen Shot 2019-05-06 at 18.03.20

これで、MDが送信しているシグナルをスルーするようになった。

この設定だと、Logicのシーケンサー自体が、MDのシグナルをスルーしている。全ポート。

この先、もう少し細かく設定することになりそう。