iMacのSDD増設にまつわるトラブル

SSDの換装は、今回が三台目、だけど相手はimac、気は抜けない。

 

ファンコントロールのセンサー対策してあるケーブル買ってから、しばらくたったな。

増設用のケーブル、amazonusから買って、届いてちょうど3ヶ月くらい放置していた。

https://smile.amazon.com/gp/product/B00BJAKBMM/ref=ppx_yo_dt_b_asin_title_o00_s00?ie=UTF8&psc=1

Instllation video

https://www.youtube.com/watch?v=03Lg4IgJd04

で作業は終えて、どきどきの瞬間、「起動 ジャーーン」

何が起きたか?

事故が重なったのか、ファンが暴走する、ディスプレイが写らない。

ファンの暴走は、サポートに問い合わせてみたところ、テクニカルサポートに報告するよう言われた。

初期不良の可能性があると思った。

ディスプレイの写らない原因は、もともと破損気味だったLCDフラットケーブルが断線下のではないかと思う。ただ確証はない。それがまた心労になる。

しかも交換品買うとしたらアメリカのamazonからの取り寄せになる。

1、2,3週間配送にかかるかで、料金が変わってくる。

2000円、1500円、1000円くらいか。

どうしようか迷うな。

サポートの返信着てから考えるか。

imacのメンテナンスでは、ブートディスク壊れたことが二回あるし、メモリも一個壊れたことがある。GPUも二回壊れて、リフローで直せたけど、再発する可能性が高い。

前は最初のリフローから一年くらいもった。二回目はいまで4ヶ月くらいもっているのかな。

パソコン4台持っていて、デュアルブートいれると、7つもOSのメンテしていることになるなぁ。
またiMacのem-pちゃん、手間取らせてくれるでざんす。

電源タップの自作

ホームセンタームサシで材料、とりあえず購入した。

  • IV(紙巻)1.6 黒・白 1m 100円 × 2
  • マイクコード(紙巻)2*1.25 2m 560円
  • スライドボックス3個用 SB 628円
  • Pa設置Wコンセント WN1512 328*3 954円
  • ゴムキャップWH4007 168円

計 2510円

 

これに、ゆくゆくはEMCノイズフィルターを追加したい。

帰ってみていると、スライドボックス3個用 SB というのがなかなか奥深い形状をしている。

なんか2個用とも連結できそうだし、ノイズフィルターも連結できそうだなと見てる。

使用図リンク

https://shop.mirai.co.jp/

 

FullSizeRender

imacの消費電力調べてみたら、meのは

iMac (27-inch, Mid 2011)
27 インチディスプレイ、3.4 GHz Intel Core i7、4 GB 1333 MHz DDR3 SDRAM – 2×2 GB、1 TB シリアル ATA ハードドライブ、AMD Radeon HD 6970M グラフィックス
電力消費 熱出力
待機中 CPU 最大稼働時 待機中 CPU 最大稼働時
142 W 200W 485 BTU/h 682 BTU/h

最大で200Wくらいか。てか待機中もすげぇ使っているな。新型だと半分くらいみたいだが。

https://support.apple.com/ja-jp/HT201918

 

疑問点

  • コンセント同士の配線て、黒同士、白同士でいいのか。
  • これって直列つなぎなのか
  • 圧着端子は使ったほうがいいのか
  • ケーブルクランプはいるか

 

完成した。超簡易品。まさかのクランプなし。笑

抵抗測ったら、わずかに検出したので、断線は大丈夫。電源つないで、電圧測ってOKだった。

アンプつないで、音チェック。

2500円とは思えないサウンド。

すぐできたな。

あとグランドのこと調べたら、アース繋げない方がいいという記述を見た。余計ノイズ拾うらしい。驚いた。

Roland M-160 アナログラインミキサーのバランス/パンポットの交換(ポテンショメーターの交換)

このパーツが、最初はもう手に入らないと思ったくらい、なかなか入手できない。

仕様が合うものを探すのが大変だった。店の人に聞いても、「ちょっと時間をくれ」と言われて、探してもらったが、どうもセンタークリックのあるものは個人輸入しないと、在庫ないらしい。

100個単位で、注文が入ると、メーカーが作る、ちょっと受注生産的な流通背景があるようだ。

センタークリックのないものなら、一個単位で注文できるということで、下記のものをテスト用に注文した。

https://www.marutsu.co.jp/GoodsDetail.jsp?q=PTV112-4420A-B103&salesGoodsCode=13729246&shopNo=3

センタークリックのある、輸入することになりそうなものはこちら

https://www.marutsu.co.jp/GoodsDetail.jsp?q=PTV112-4220A-B103&salesGoodsCode=13729240&shopNo=3

 

データシートプリントアウトして、いろいろ調べましたよ。大変でした。汗

panasonicからも似たような仕様のものがあったのですが、こちらはテイパーが対数式でダメでした。

Taperとは、抵抗の変化特性で、A、B、Cなどで表されるのですが、その表記も地域によって異なるようです。

Screen Shot 2019-05-09 at 19.22.49

http://www.resistorguide.com/potentiometer-taper/

日本では、対数がA、直線がBとされています。

 

また、オーディオ用のポテンショの場合、結構対数を使うのですが、バランス・パンには直線を使います。

https://electronics.stackexchange.com/questions/101191/why-should-i-use-a-logarithmic-pot-for-audio-applications

この辺りは、人間の聴覚システムの話とか絡んできて、面白いです。聴覚心理とかですね。

あとパンはwikipediaで見たら、もともと映像の撮影技法の用語みたいです。

https://en.wikipedia.org/wiki/Panning_(audio)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%B3_(%E6%92%AE%E5%BD%B1%E6%8A%80%E6%B3%95)

 

ポテンショのことは、Aruduinoの実験で練習していて、いい実習だったなと思います。

Sunfounderのキットのチュートリアルをやったのですが。(途中で完全に止まってますけど。汗)

 

ステレオや、パンニングのいい勉強になりました。特に回路図レベルの話とか。

日本語ではあまりまだ語られていないようですが。

この辺りは本当に奥が深くて面白いです。特に映画監督を目指していたことのある私には、音でどんな像を描けるのか、考えるとワクワクしました。

「これがステレオ音像じゃー!」って感じのキックとスネアを作ってやろうと思いました。

右と左で違うフィルターとリバーブかけて、定位調整して面白い音像作ってやろうと思いました。

 

Maintenance and repair of my DTM equipment: Roland M-160 analog line mixer

Today I changed “Roland M-160 analog line mixer” power supply cable.

I used microphone cable as substitute to power cable.

This was very effective to improve the sound.

Countenance becomes musical, sensitive, and comfortable.

Nice low and middle range.

Some regretting points exist.

Later… also about failed pan bots cleaning…

Errors I met to use AIY Voice Kit from Google

Errors I met.

Couldn’t use my 32GB Micro SD card.

Couldn’t authorize “AIY-voice-kit-python/src/examples/voice/assistant_grpc_demo.py”.

Re make new project on Google Chrome and used ssh of Chrome extention solved OAuth authorizing problem. 😄

(Used default Micro SD card.)

ssh commands memo

ssh pi@ipAdress #connect to raspberry
#cp from Local to Remote
scp '/home/masa/Downloads/client_id.json' pi@ipAdress:/home/pi


To solve error message below
masa@em-p:~$ ssh pi@192.168.0.12
The authenticity of host '192.168.0.12 (192.168.0.12)' can't be established.
ECDSA key fingerprint is SHA256:WC9qeJxGqf1L0Ne29soplRZ0TBzy2nEeeAKjaDCkYQs.
Are you sure you want to continue connecting (yes/no)? no
Host key verification failed.

 

at ~/.ssh/config

host 192.168.1.* 
StrictHostKeyChecking no

Permission change to 600.

chmod 600 ~/.ssh/config

Japanese Ref site
https://journal.lampetty.net/entry/wp/391

HDDからSDDへの移行 On NEC LaVie

La Vie というのはフランス語で、人生とか、生活、暮らしとかいう意味みたい。
女性名詞の冠詞Laに英語ではLifeに近い、Vie。

ddコマンドで楽勝かと思っていた匡孝だが。。。笑

まずXubuntuを遊びでインストールしてみた。GPTでパーティションテーブル作って、普通に起動できた。
アプリの立ち上がりとか、マジで速くなった。OSもね

で、もうS.M.A.R.Tで警告がでていた元のHDDのデータを、一旦WesternDigitalのWD40(4TB)に移してから、てかそのWD40は外付けケース買って、外付けHDD化してあって、それをSDD付けたLaVieに繋げて、ddコマンドでデータを流した。(一旦Xubuntuは消した。120GBのSDDで、ddコマンドするスペースあまりなくて。。。)

sudo dd if=/dev/sdb3 of=/dev/sda2 bs=64k conv=noerror,sync status=progress

みたいな感じで。

 

でもWindowsは起動しなかった。

ブートパーティションに何も書いてなかった。
BIOSとUEFIの違い、MBRとGPTの違い、ややこしいし、Windowsのブートローダわかりにき〜。笑MBRでまたパーティションテーブル作って、Winのデータコピーしなおしたりした。

でも、XubuntuはGPTで起動できたなぁ。

Grub消すんじゃなかった。
WinREって奴、ブート領域かと思って、またddコマンド(手間かかる〜)でコピーしたけどだめだった。

a disk read error occured
Press Ctrl + Alt + Del to restart

XubuntuのライブDVDはなぜか調子悪く、LubuntuのライブDVDで、いろいろ詮索。
Windows10のライブDVDも飛び交う。

なんかLubuntuのGParted、パッケージ足りなくて、WinREの領域、エラー出ていた。
chkdsk /f をウィンドウズで頼む、とエラーメッセージが出ていた。

はい、でも、それって何ドライブですか?笑 Cドライブじゃないでしょ?ちょっとわからなかった。

Grubインスコしようかな。

それとも、MBRにWindowsのブートストラップローダとかいうもの入れるか。

Palit 2.5 SATA 3 120GB UVS10AT-SSD120

手間取っとります。🙊

参考にしようと思っているサイト。

http://www14.plala.or.jp/campus-note/vine_linux/install/boot_sequence.html
ブートの話、わかりやし〜

https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/windows/hardware/dn898510(v=vs.85).aspx
microsoftさんの資料

Maintenance of electronic musical instruments

I’m maintaining S3000XL, S900, M-160, Re-201, etc…
I opened S3000XL, S900, M-160 but not Re-201 yet.
Once I tried to open Re-201 and failed, I dropped a parts while I was removing screws and I left it to Official Support Center of Roland.

I’m using this contact cleaner
http://www.sunhayato.co.jp/material2/index.php/item?id=219&cell003=%E3%82%A8%E3%82%A2%E3%82%BE%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E5%8C%96%E5%AD%A6%E8%A3%BD%E5%93%81&cell004=%E6%8E%A5%E7%82%B9%E6%B4%97%E6%B5%84%E5%89%A4&name=%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%80%80RC-S201

And Kure 5-56…😃

I could remove at least 50 % of contact noise with them!!!

But someday I want to wash print circuits, change some parts of  them like op-amps, power supply cables, etc …

And Re-201 needs demagnetize of heads, cleaning of roller, tape replacement etc…
https://www.muffwiggler.com/forum/viewtopic.php?t=106260

DTM, Digital Audio Instruments Memo

Midi Thru
Quote

“What is a MIDI Thru?
A MIDI thru port provides a copy of the MIDI signal arriving at a corresponding MIDI in port. The data from the MIDI THRU socket can then go forward to the MIDI IN socket of another receiving device. … Software elements involved with routing MIDI data in computers are sometimes called MIDI thru utilities.”
Machine Drum’s Midi machine won’t output signal to Midi Thru.
That’s natural, but able to routing Midi signal from MachineDrum Midi machine to Midi Thru was preferable in my case…

 

Local Control

Midi Sync (Start, Stop, Clock)

Unsolved: Start Pattern of SP303 from MachineDrum

 

Akai s3000XL – Floppy Disk Drive cable replacement.

Normal FC-40P Data Cable replaceable? — Flat cable?

I have also S900, I heard it can use Zip drive.

 

I’m considering connect Mo drive to Akai S3000XL by this cable.
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00008BBJD/ref=oh_aui_search_detailpage?ie=UTF8&psc=1

SCSIケーブル DB25オス-HDB50オス
SCSIシステムケーブル2m、D-sub25pimオス(インチネジ)-ピンタイプハーフ50pinオス

Akai S3000XL archive of official page
http://web.archive.org/web/19970215072604/http://akai.com:80/akaipro/S3000XL.html

My Ubuntu could install Mesa by wine but couldn’t Launch…
http://rst.in-chemnitz.de/Akai/

This site seems funny

I remember, Once I replaced Akai S900 floppy disk drive and EL Back-light.
*Floppy drive
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B000ELJ682/ref=oh_aui_search_detailpage?ie=UTF8&psc=1
*Flat cable
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B000FG6OBI/ref=od_aui_detailpages00?ie=UTF8&psc=1

Unsolved: How to use NI AUDIO 10 Audio interface on Ubuntu

pavcontrol = PulseAudio Volume Control

Maybe I should configure .asoundrc

Reference here: https://www.native-instruments.com/forum/threads/audio-6-linux-support.136907/

This is for AUDIO 6, not for 10.
And I also have configure for wine.

#.asoundrc

=====================================================

@”test stream w/ sound alsa loopback”  https://www.youtube.com/watch?v=4_dpmES5-Sw
@ http://wikiwiki.jp/tetsuya/?asoundrc

asoundrc = ALSA configure file. Usually at $HOME/.asoundrc
{etc
/usr/share/alsa/alsa.conf
/etc/asound.conf
}

??? Can I check AUDIO10 device from my terminal?
??? How to check my alsa firmware version?

#alsa-lib

*ALIAS
Example

pcm.NAME {
 type hw # Kernel PCM
 card INT/STR # Card name or number
 [device] INT # Device number (default 0)
 [subdevice] INT # Subdevice number, -1 first available (default -1)
 mmap_emulation BOOL # enable mmap emulation for ro/wo devices
}

Source code

https://www.alsa-project.org/main/index.php/Download

Alsa firmware source code ( Now not used, for reference)
ftp://ftp.alsa-project.org/pub/firmware/

https://www.alsa-project.org/main/index.php/Matrix:Vendor-Native_Instruments

http://www.alsa-project.org/~tiwai/alsa.html

#hotplug #firmware #driver #loader #alsa-tools #