Setting for Native Instruments Traktor Scratch Pro 2 Audio Latency and Jumpiness On Nec Lavie (Dee-Jay)

Fundamental resources to do this.
English
https://support.native-instruments.com/hc/en-us/articles/209571729-Windows-Tuning-Tips-for-Audio-Processing

Japanese
https://support.native-instruments.com/hc/ja/articles/209571729-%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%AA%E5%87%A6%E7%90%86%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AEWindows%E6%9C%80%E9%81%A9%E5%8C%96

First download this tool.
https://www.resplendence.com/downloads

 

Set processor schedule, prior background service than program.
Computer > Property > Advanced System Setting! > Advanced tab! > Performance > check Background service

Checked diagnostics of A/I control panel.
Latency 1500ms when 96khz, 1024 buffer samples
It’s almost same when 44.1khz,512 samples.

My present situation is seldom jumpiness.

Next should try BIOS ?

No, just stop one driver was enough for me.

Used LatencyMon Drivers analysis.
My case “ACPI.sys for NT ACPI driver” was cause.

Stop this driver from Device driver > Battery > Microsoft ACPI-Compliant Control Method Battery > Right click and stop this driver

Solved my latency problem.
This is much worse than using wifi adapter.LoL.

 

==============================================================================

Next time I used Traktor recording error occurred again.

Cause windows update, I don’t know.

Perhaps i8042prt is being used by Internal Keyboard and this is the cause…

I wanted to update BIOS but not supplied by NEC “NEC Lavie LL700/VG6W”.

Found newer version of Traktor

https://support.native-instruments.com/hc/ja/articles/210294645-%E5%8F%A4%E3%81%84%E3%82%AA%E3%83%9A%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0%E7%94%A8%E3%81%AETRAKTOR-2-%E6%97%A7%E5%BC%8F%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%BC

 

Driver version updated from 2.9.6 to 4.2.0.

Firmware is the same.

The problem still persisting…

 

メインボード用のチップセットドライバ はマザボのこと

Intel SpeedStep off from BIOS

https://en.wikipedia.org/wiki/SpeedStep

 

Advertisements

Android Studio:Wifi sample build error

Error message tried to build wifi sample code from Android Studio “File > import samples” maybe lol.
https://developer.android.com/studio/write/sample-code

No toolchains found in the NDK toolchains folder for ABI with prefix: mips64el-linux-android

 

Starting from the result, download NDK and copy file to SDK directory solved this.
But the latest NDK hasn’t “mips64el-linux-android” any longer.

android-ndk-r16b-linux-x86_64.zip

is maybe the last one which has “mips64el-linux-android”

Copied to the file to “Sdk > ndk-bundle > toolchains” solved this…

 

Download
https://developer.android.com/ndk/downloads/?hl=zh-en
Reference
https://github.com/google/filament/issues/15

jarコマンドによる実行可能Jarの作成

 

 

jar

オプション

c JARファイルの作成
f ファイル名の決定
v 内容のリストをverboseモードで
m   マニフェストファイルから値と名前を特定する
-C はfileオペランドで指定されたファイルを処理する際にディレクトリが一時的に変更される

 

参考
https://docs.oracle.com/javase/jp/8/docs/technotes/tools/unix/jar.html
https://docs.oracle.com/javase/jp/8/docs/technotes/guides/jar/jar.html

 

この時のディレクトリ・ファイル構成

~/Desktop/git/masa-examplesがソースのルートディレクトリ
     applications - JaydlePrototype01.java がメインメソッドを含むクラス
     practice - IOMethods.java  がメインクラスで使った依存するクラス

 

まず~/Desktop/git/にJaydleBuildディレクトリを作成
~/Desktop/git/masa-examplesから以下のコマンドを実行

 

javac -d ../JaydleBuild/ applications/JaydlePrototype01.java 
javac -d ../JaydleBuild/ practice/IOMethods.java

 

これでJaydleBuildディレクトリにクラスファイルができた。

 

masa@em-p:~/Desktop/git/JaydleBuildTest$ tree
.
├── applications
│   └── JaydlePrototype01.class
└── practice
    └── IOMethods.class

2 directories, 2 files

のように、

パッケージのディレクトリが作成されている。

 

次に簡単なマニフェストファイルを同ディレクトリに作成

Manifest-Version: 1.0
Main-Class: applications.JaydlePrototype01

 

そして、さっき作ったクラスファイルとマニフェストファイルをjarコマンドでまとめる。

masa@em-p:~/Desktop/git/JaydleBuildTest$ jar cmf Manifest.txt JaydleJarTest.jar ../masa-examples/

失敗。間違ったJARができた。

 

masa@em-p:~/Desktop/git/JaydleBuildTest$ jar cmf Manifest.txt JaydleJarTest.jar .

これでちゃんと作れた。

Screenshot from 2018-10-21 22-56-14

参考
jar コマンドで実行可能な JAR ファイルを作成する | まくまく Java ノート
http://maku77.github.io/java/jar/executable-jar.html

 

YoutubeのMVの音声を抽出してMP3として保存できます。たぶんLinux環境だと動きます。
https://github.com/iamaturtle113/Jaydle

WindowsとMacでは試してないです。Macなら動くかも?Windowsはターミナルのコマンドがちょっと厳しいか。

注 Youtube-dlコマンドがターミナルから起動できることが条件です。

 

Java build error: When build java code made in eclipse on the terminal.

I couldn’t solve package import problems.
First package should not be used “-(hyphen)”.
My one was masa-example so couldn’t be used. This was git repository name..
So I made “practice” package.
But import my own library didn’t go smoothly..

My mistake was compile directory path and javac command…

javac -d . practice/RegexPractice01.java

Java programs which has dependency class without classpath should be compiled at default root directory with javac -d option..

 

mistake commands

masa@lve-imac2:~/Desktop/git/masa-examples$ javac RegexPractice01.java
RegexPractice01.java:29: error: cannot find symbol
println(str);

masa@lve-imac2:~/Desktop/git/masa-examples$ javac -cp practice.RegexPractice01.java
javac: no source files
Usage: javac <options> <source files>
use -help for a list of possible options

masa@lve-imac2:~/Desktop/git/masa-examples$ javac -d out practice/RegexPractice01.java practice/IOMethods.java
javac: directory not found: out
Usage: javac <options> <source files>
use -help for a list of possible options

 

 

 

 

GAE (Google App Engine)で遊ぶ

公式サイトからダウンロード。ワタクシの場合はJavaザマス。

https://cloud.google.com/appengine/downloads?hl=ja

ダウンロードしたあとは、解凍して、シェルにパスを通すみたい。binディレクトリ。
ファイルの置き場迷うが、 /usr/local/ 下とする

export PATH="$PATH:/usr/local/appengine-java-sdk-1.9.63/bin/"
その際の参考資料
Windowsユーザーに教えるLinuxの常識(3):各ディレクトリの役割を知ろう(サブディレクトリ編) (2/2)
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/0109/07/news002_2.html

 

以下、クイックスタートに沿って、リアルタイムで進行中

 

git cloneでソースのダウンロード。
私の場合 ~/Code/googleAppEngine/ にダウソ。

mvn appengine:devserver

を実行。
なんか、

[INFO] INFO: Dev App Server is now running

となり、サーバーが起動中になってるみたい。
http://localhost:8080/

にブラウザからアクセスすると、

Event tracked.

と書いてある。

mvn appengine:devserver コマンドを実行するディレクトリ間違えた。

…/appengine/helloworldで上記のコマンド実行、localhost:8080/にアクセス ->

ブラウザに

Hello, world

と書いてある。

 

次は、プリント文の中身を書き換え、mvn clean packageを実行して、リビルド。
ワタクシのバアイハ、

This is Test web page of Masataka Nakamura a.k.a La Ville Eternell
Overriding Google App Engine Example 'Hello World App'.
This is Java SDK.
Other contents coming soon maybe..
By teh way I wanna go Siliycon Valley... huh,,,

にした。

 

そして、デプロイのためにCloud Platformプロジェクトと、App Engineアプリケーションを作った。

プロジェクト名は… λ 笑
masa’s first project にした。

リージョンはアメリカ西海岸にしてみた。

サインインに

4/cQCmazgJm8NWlnKt4JJbZvrMqjeHTr1VINh-lDFTIPp7rMZJ1qvQXRw

をアプリにコピペしてくれとある。

なんかよくわからないなと思ったら、google cloud platformに登録しなきゃいけないっぽい。

登録してSDKをインストール。linux版はココから

gcloud init とかでログインしてたら、
.botoファイルを作ったらしいな。これ。

 

・Ubuntuのエラー

よくコンソールみたら、

(java:18774): Gtk-WARNING **: Unable to locate theme engine in module_path: “adwaita”,

ってエラーも出てる

 

https://askubuntu.com/questions/774664/gtk-warning-unable-to-locate-theme-engine-in-module-path-adwaita-error-o

sudo apt install gnome-themes-standard

で解決かな。

 

SuccessCodeのペースト先がわからん

IAM

 

オンラインのチュートリアルに従うと、なんかデフォルトの…でデプロイできなかった。

yamlがないとgcloudコマンドでデプロイできないとなる。
yaml作るか?

gcloud init で 使うプロジェクトをオンラインチュートリアルでつくったものに変えた。

cloudshellでmavenのプラグイン足りてないってエラー。

appengine系のプラグイン足りてないみたい

mvn appengine:devserver これはローカルからアクセスできるようにするためのコマンド

 

mvn appengine:updateの結果
[INFO] Running -A masas-first-project -V masas-first-project1 –oauth2 update /home/masa/Code/googleAppEngine/java-docs-samples/appengine/helloworld/target/appengine-helloworld-1.0-SNAPSHOT
The following URL can be used to authenticate:
https://accounts.google.com/o/oauth2/auth?access_type=offline&approval_prompt=force&client_id=550516889912.apps.googleusercontent.com&redirect_uri=urn:ietf:wg:oauth:2.0:oob&response_type=code&scope=https://www.googleapis.com/auth/appengine.admin%20https://www.googleapis.com/auth/cloud-platform
Attempting to open it in your browser now.

これはappcfgの話みたい。それへの許可を与えるための画面かな。

英語版の”Quickstart for Java 8 for App Engine Standard Environment“を試す。

gcloud auth application-default login

で、ブラウザからAuth Libraryをトラストするかというの話になる。トラストした。

You are now authenticated with the Google Cloud SDK!となる

 

gcloudコマンドの説明
https://cloud.google.com/sdk/gcloud/

 

 gcloud components install app-engine-java

コマンドを実行。なんかインストールした。

git clone https://github.com/GoogleCloudPlatform/getting-started-java.git

で別のソースをダウンロード

 

gcloud info
たたいたら、ダウンロードディレクトリにインストールされていることがわかった。移動したいな

Installation Root: [/home/masa/Downloads/google-cloud-sdk]

 

 

mvn appengine:deployのエラーコード

[INFO] GCLOUD: ERROR: (gcloud.app.deploy) The current Google Cloud project [testproject-218805] does not contain an App Engine application. Use `gcloud app create` to initialize an App Engine application within the project.

`gcloud app create`でプロジェクトのアップエンジンアプリを初期化してくださいと出てる。
そのとおりにして、またmvn appengine:deployすると。。

Screenshot from 2018-10-08 15-04-36

実は、stackoverflowにも質問していた

 

iMacのUbuntu上でVirtualboxを使ってMacOSの仮想環境を作る

virtualbox

 

基本的なところは、とりあえず省いて、躓(つまず)いた点を中心に記述していく。

僕の場合は、USBスティック(ペンドライブ)のMacOS El-Capitanを使いインストールしようと思ったのだが、USBの設定で少し戸惑った。結局、焼いてあるイメージと、dmgの扱い、isoへの変換やらでまた躓いた。

ユーザをvboxusersグループに登録し、キーを追加した。

sudo gpasswd -a "username" vboxusers

wget -q https://www.virtualbox.org/download/oracle_vbox_2016.asc -O- | \
sudo apt-key add - #(こっちのはうまくいかなかった。Oracleのサイトにdebian系の設定のしかたが書いてある、僕はオフィシャルの方法は試していない)
Oracle Official
https://www.virtualbox.org/wiki/Linux_Downloads

そして、OracleからでているExtensionPackのインストールが必要になった。これがないとUSB2.0や3.0が使えない。その際、インストールされていた、Virtualboxのバージョンが古くて、ExtentionPackのインストールが失敗した。最新版のダウンロードのためのapt用のリポジトリの登録やらなんやらをして、アップデートしたにはしたが、どこかでエラーが出て、結局Oracleから.debファイルをダウソして、再インストールした。(ExtentionPackは5.2版しか受け付けなかった。あと32bit版をインストールしていたのではないかという説がある。)
これで、ExtensionPackのインストールはうまくいった。

そして、MacからSierraOSをダウンロードして、パッケージを開き、dmgファイルをコピーして、バーチャルマシンに読み込ませて、スタートさせたけど、途中でフリーズ、てか処理進まなくなった。。isoイメージへの変換と、iMacのデバイスをターミナルからしなきゃいけない記述を見つけた。

とりあえずここまでで、一旦トライは終えた。

この記事も、きっと更新致す。

 

もう一度トライ

2018-10-12-Fri

ここのサイト
https://webnetforce.net/make-macos-bootable-iso/
を参考にdmgからisoファイルに変換した。

hdiutilとかちょっと何となくしか意味わからなかったけど、手順に従って進めると

/tmpディレクトリにHighSierra.iso.cdrというファイルができていた。

Ubuntuを立ち上げて
それを”mv”コマンドで HighSierra.isoに名前を変えた。

ここのサイト
https://webnetforce.net/macos-high-sierra-on-virtualbox/

に従って、仮想マシンの設定と、コマンドラインからのVBの設定をした。

そして、isoをマウントして起動した。
でも途中でフリーズしてしまった。

なんでだろう。

このサイトも参考にした
https://www.howtogeek.com/289594/how-to-install-macos-sierra-in-virtualbox-on-windows-10/

Ubuntuで外付けHDDがスリープしない件

hdparmコマンドの使用が一般的なようだが、僕の環境ではエラーで動かなかった。

SG_IO: bad/missing sense data, sb[]: 70 00 05 00 00 00 00 0a 00 00 00 00 20 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00

どうやら、SCSIやらATAやら、コントローラ、容量が大きすぎ(8TB)などの話になって、別のコマンドを勧められた。

hd-idleコマンド。インストール少しターミナルから実行するコマンド多かった。

ラズパイのセッティングに関するサイトに載っていた。
https://www.htpcguides.com/spin-down-and-manage-hard-drive-power-on-raspberry-pi/
頼みのコマンド hd-idle
http://hd-idle.sourceforge.net/

hd-idleコマンドが

/home/hd-idle

に作られていた。場所変えようかな。普通は/usr/localあたりなんか

追って更新する予定。

“EclipseのRun Configrationのバグ取り” “How to debug Run Configration Error on Eclipse”

VaioからシステムバックでクローンしたUbuntuをimacで使っていて、移植から、エクリプスのJava実行でエラーが出ていた。いわゆる

main class not found error
(Could not find or load main class)

だった。

 

 

I’m using cloned Ubuntu by SystemBack( Linux OS backup software ) from Sony Vaio(note) to Apple iMac (late 2009, intel corei7-2600 3.40GHz Quad core, Memory 12GB(one of 4GB RAM is broken now, HDD 1TB)

And since cloning, Eclipse generated Running error when executing, that is to say

main class not found error
(Could not find or load main class)

 

 

一時しのぎの方法は、パッケージエクスプローラーから、ファイルを右クリックして、コンテキストメニューから

Run as Java application

を選択。

${WORKSPACE}/.metadata/.plugins/org.eclipse.debug.core/.launches

以下の起動設定ファイルを消去することで解決できた。

Oxygenを使っていて、Photonを試したら動いたので、心動いたが、Oxygen続けようかな。

 

 

Temporarily, choose “Run as Java application” by right clicking file at Package Explorer will solve this problem.

${WORKSPACE}/.metadata/.plugins/org.eclipse.debug.core/.launches

Deleting files below this path will clear “Launch configuration” and solved this problem certainly.

Just using alternative Photon version solved this problem from Oxygen version, and I once thought migrate to Photon, but I will continue Oxygen version.

参考サイト
Reference sites

英語
English

三種類のmain class not found errorの解決法
http://www.java67.com/2016/09/3-ways-to-solve-eclipse-main-class-not-found-error-java.html

実行コンフィグファイルの消し方
https://stackoverflow.com/questions/9247089/how-can-i-clean-up-eclipse-run-configurations

日本語はここ
Japanese

http://moki-mokki.blogspot.com/2012/06/eclipserun-configuration.html

HDDからSDDへの移行 On NEC LaVie

La Vie というのはフランス語で、人生とか、生活、暮らしとかいう意味みたい。
女性名詞の冠詞Laに英語ではLifeに近い、Vie。

ddコマンドで楽勝かと思っていた匡孝だが。。。笑

まずXubuntuを遊びでインストールしてみた。GPTでパーティションテーブル作って、普通に起動できた。
アプリの立ち上がりとか、マジで速くなった。OSもね

で、もうS.M.A.R.Tで警告がでていた元のHDDのデータを、一旦WesternDigitalのWD40(4TB)に移してから、てかそのWD40は外付けケース買って、外付けHDD化してあって、それをSDD付けたLaVieに繋げて、ddコマンドでデータを流した。(一旦Xubuntuは消した。120GBのSDDで、ddコマンドするスペースあまりなくて。。。)

sudo dd if=/dev/sdb3 of=/dev/sda2 bs=64k conv=noerror,sync status=progress

みたいな感じで。

 

でもWindowsは起動しなかった。

ブートパーティションに何も書いてなかった。
BIOSとUEFIの違い、MBRとGPTの違い、ややこしいし、Windowsのブートローダわかりにき〜。笑MBRでまたパーティションテーブル作って、Winのデータコピーしなおしたりした。

でも、XubuntuはGPTで起動できたなぁ。

Grub消すんじゃなかった。
WinREって奴、ブート領域かと思って、またddコマンド(手間かかる〜)でコピーしたけどだめだった。

a disk read error occured
Press Ctrl + Alt + Del to restart

XubuntuのライブDVDはなぜか調子悪く、LubuntuのライブDVDで、いろいろ詮索。
Windows10のライブDVDも飛び交う。

なんかLubuntuのGParted、パッケージ足りなくて、WinREの領域、エラー出ていた。
chkdsk /f をウィンドウズで頼む、とエラーメッセージが出ていた。

はい、でも、それって何ドライブですか?笑 Cドライブじゃないでしょ?ちょっとわからなかった。

Grubインスコしようかな。

それとも、MBRにWindowsのブートストラップローダとかいうもの入れるか。

Palit 2.5 SATA 3 120GB UVS10AT-SSD120

手間取っとります。🙊

参考にしようと思っているサイト。

http://www14.plala.or.jp/campus-note/vine_linux/install/boot_sequence.html
ブートの話、わかりやし〜

https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/windows/hardware/dn898510(v=vs.85).aspx
microsoftさんの資料

LVE、またエラーに出会う

長らく眠っていたiMacの封印を解いた。
そこで出くわしたバグは如何に?

まず4つのメモリのうちの一つがエラーが出て、起動ができなかった。
なんども掃除して、起動まではするようになったが、すぐにエラーが出て、ビープ音が止まらなくなる。

そして、そんなことをしている時、電源ケーブルを抜き忘れて、メモリを抜き差ししたら、見事にブートディスクのエラーを呼んできてくれた。笑

そして、修復作業をしていると、「ノードの構造が間違っている」とのこと。

fsck_hfs -yprd /dev/disk0s2

といったコマンドを試したが、「disk full error」で修復は不可能だった。
Magicですね。笑

それでバックアップを取った。そのバックアップ先では、上記のコマンドが動いて、二回目で修復できた。

でもそれだけではないんです。なぜかそのOSは電源を切るたびにトラブルに会うのか、またOSが壊れて、リカバリすることになりました。そして、ついにもっとひどいクラッシュをして、中のデータにアクセスできなくなりました。それはまたこれから直さないと。
直るかはちょっとまだわかりません。他のパーティッションのOSはそんなことはないんですけど。macosが二つ入っていて、一つは、クリーンインストールして、Timemachineからデータを移行したもので、そちらはまだそんなにエラーは出ていないんです。封印した時のOSがエラー臭くなっています。クリーンインストールしたほうがいいのかな。

補足

fsck_hfsのオプション
上記のオプションはbtreeのエラー用だったと思います

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

y ・・・ 常に見つかったダメージを修復しようとする

p ・・・ preen(修復) 特定のファイルシステムを修復する

r ・・・ カタログbtreeを再構築する

d ・・・ デバッグ情報を表示する

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー