Google AIY (Raspberry Pi Zero WH) のVNC接続(モニターシェア)

AIY、ずっと放置していたが、「Linuxサーバーがゼロから作れる本」を読んで、サーバー化したくなった。

なんとなくAIYのpythonプログラムの書くほうも挑戦したくなった。

デスクトップ画面をMacから見れるようにする所から始めた。

OSはraspbianが入ってみたいだ。

tightvncserverを少々苦戦しながらインストールし、今回は大成功。

これでSSH接続からだとフリーズしていたaiyスクリプト、常時使えるようになつた。

Advertisements

Wall consents replacement and measuring the voltage

Was easy.

Tester mode “V~ 200V” which means AC voltage 200V is Max.

Plug both to whichever, but attention not to short the plugs!!!

Result were a little bit under 100V.

Good study to feel the voltage (100V).👍

Maintenance and repair of my DTM equipment: Roland M-160 analog line mixer

Today I changed “Roland M-160 analog line mixer” power supply cable.

I used microphone cable as substitute to power cable.

This was very effective to improve the sound.

Countenance becomes musical, sensitive, and comfortable.

Nice low and middle range.

Some regretting points exist.

Later… also about failed pan bots cleaning…

iMacのUbuntu上でVirtualboxを使ってMacOSの仮想環境を作る

virtualbox

 

基本的なところは、とりあえず省いて、躓(つまず)いた点を中心に記述していく。

僕の場合は、USBスティック(ペンドライブ)のMacOS El-Capitanを使いインストールしようと思ったのだが、USBの設定で少し戸惑った。結局、焼いてあるイメージと、dmgの扱い、isoへの変換やらでまた躓いた。

ユーザをvboxusersグループに登録し、キーを追加した。

sudo gpasswd -a "username" vboxusers

wget -q https://www.virtualbox.org/download/oracle_vbox_2016.asc -O- | \
sudo apt-key add - #(こっちのはうまくいかなかった。Oracleのサイトにdebian系の設定のしかたが書いてある、僕はオフィシャルの方法は試していない)
Oracle Official
https://www.virtualbox.org/wiki/Linux_Downloads

そして、OracleからでているExtensionPackのインストールが必要になった。これがないとUSB2.0や3.0が使えない。その際、インストールされていた、Virtualboxのバージョンが古くて、ExtentionPackのインストールが失敗した。最新版のダウンロードのためのapt用のリポジトリの登録やらなんやらをして、アップデートしたにはしたが、どこかでエラーが出て、結局Oracleから.debファイルをダウソして、再インストールした。(ExtentionPackは5.2版しか受け付けなかった。あと32bit版をインストールしていたのではないかという説がある。)
これで、ExtensionPackのインストールはうまくいった。

そして、MacからSierraOSをダウンロードして、パッケージを開き、dmgファイルをコピーして、バーチャルマシンに読み込ませて、スタートさせたけど、途中でフリーズ、てか処理進まなくなった。。isoイメージへの変換と、iMacのデバイスをターミナルからしなきゃいけない記述を見つけた。

とりあえずここまでで、一旦トライは終えた。

この記事も、きっと更新致す。

 

もう一度トライ

2018-10-12-Fri

ここのサイト
https://webnetforce.net/make-macos-bootable-iso/
を参考にdmgからisoファイルに変換した。

hdiutilとかちょっと何となくしか意味わからなかったけど、手順に従って進めると

/tmpディレクトリにHighSierra.iso.cdrというファイルができていた。

Ubuntuを立ち上げて
それを”mv”コマンドで HighSierra.isoに名前を変えた。

ここのサイト
https://webnetforce.net/macos-high-sierra-on-virtualbox/

に従って、仮想マシンの設定と、コマンドラインからのVBの設定をした。

そして、isoをマウントして起動した。
でも途中でフリーズしてしまった。

なんでだろう。

このサイトも参考にした
https://www.howtogeek.com/289594/how-to-install-macos-sierra-in-virtualbox-on-windows-10/

Ubuntuで外付けHDDがスリープしない件

hdparmコマンドの使用が一般的なようだが、僕の環境ではエラーで動かなかった。

SG_IO: bad/missing sense data, sb[]: 70 00 05 00 00 00 00 0a 00 00 00 00 20 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00

どうやら、SCSIやらATAやら、コントローラ、容量が大きすぎ(8TB)などの話になって、別のコマンドを勧められた。

hd-idleコマンド。インストール少しターミナルから実行するコマンド多かった。

ラズパイのセッティングに関するサイトに載っていた。
https://www.htpcguides.com/spin-down-and-manage-hard-drive-power-on-raspberry-pi/
頼みのコマンド hd-idle
http://hd-idle.sourceforge.net/

hd-idleコマンドが

/home/hd-idle

に作られていた。場所変えようかな。普通は/usr/localあたりなんか

追って更新する予定。

HDDからSDDへの移行 On NEC LaVie

La Vie というのはフランス語で、人生とか、生活、暮らしとかいう意味みたい。
女性名詞の冠詞Laに英語ではLifeに近い、Vie。

ddコマンドで楽勝かと思っていた匡孝だが。。。笑

まずXubuntuを遊びでインストールしてみた。GPTでパーティションテーブル作って、普通に起動できた。
アプリの立ち上がりとか、マジで速くなった。OSもね

で、もうS.M.A.R.Tで警告がでていた元のHDDのデータを、一旦WesternDigitalのWD40(4TB)に移してから、てかそのWD40は外付けケース買って、外付けHDD化してあって、それをSDD付けたLaVieに繋げて、ddコマンドでデータを流した。(一旦Xubuntuは消した。120GBのSDDで、ddコマンドするスペースあまりなくて。。。)

sudo dd if=/dev/sdb3 of=/dev/sda2 bs=64k conv=noerror,sync status=progress

みたいな感じで。

 

でもWindowsは起動しなかった。

ブートパーティションに何も書いてなかった。
BIOSとUEFIの違い、MBRとGPTの違い、ややこしいし、Windowsのブートローダわかりにき〜。笑MBRでまたパーティションテーブル作って、Winのデータコピーしなおしたりした。

でも、XubuntuはGPTで起動できたなぁ。

Grub消すんじゃなかった。
WinREって奴、ブート領域かと思って、またddコマンド(手間かかる〜)でコピーしたけどだめだった。

a disk read error occured
Press Ctrl + Alt + Del to restart

XubuntuのライブDVDはなぜか調子悪く、LubuntuのライブDVDで、いろいろ詮索。
Windows10のライブDVDも飛び交う。

なんかLubuntuのGParted、パッケージ足りなくて、WinREの領域、エラー出ていた。
chkdsk /f をウィンドウズで頼む、とエラーメッセージが出ていた。

はい、でも、それって何ドライブですか?笑 Cドライブじゃないでしょ?ちょっとわからなかった。

Grubインスコしようかな。

それとも、MBRにWindowsのブートストラップローダとかいうもの入れるか。

Palit 2.5 SATA 3 120GB UVS10AT-SSD120

手間取っとります。🙊

参考にしようと思っているサイト。

http://www14.plala.or.jp/campus-note/vine_linux/install/boot_sequence.html
ブートの話、わかりやし〜

https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/windows/hardware/dn898510(v=vs.85).aspx
microsoftさんの資料

Access error on Windows 10, Mount error on Ubuntu

My HDD error.
Error code on Ubuntu 16.04

Error mounting /dev/sdd1 at /media/masa/OS入: Command-line `mount -t “ntfs” -o “uhelper=udisks2,nodev,nosuid,uid=1000,gid=1000” “/dev/sdd1” “/media/masa/OS入”‘ exited with non-zero exit status 13: $MFTMirr does not match $MFT (record 0).
Failed to mount ‘/dev/sdd1’: Input/output error
NTFS is either inconsistent, or there is a hardware fault, or it’s a
SoftRAID/FakeRAID hardware. In the first case run chkdsk /f on Windows
then reboot into Windows twice. The usage of the /f parameter is very
important! If the device is a SoftRAID/FakeRAID then first activate
it and mount a different device under the /dev/mapper/ directory, (e.g.
/dev/mapper/nvidia_eahaabcc1). Please see the ‘dmraid’ documentation
for more details.
This site introduce resolve on Ubuntu.

My Hard Disk drive is Hitachi hdt721010sla360

I do #fdisk -l (list the partition table)
—————————————————————————————————————————————————

masa@lve-v:~$ sudo fdisk -l /dev/sdd1
Disk /dev/sdd1: 931.5 GiB, 1000194015744 bytes, 1953503937 sectors
Units: sectors of 1 * 512 = 512 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
Disklabel type: dos
Disk identifier: 0x73736572

Device Boot Start End Sectors Size Id Type
/dev/sdd1p1 1920221984 3736432267 1816210284 866G 72 unknown
/dev/sdd1p2 1936028192 3889681299 1953653108 931.6G 6c unknown
/dev/sdd1p3 0 0 0 0B 0 Empty
/dev/sdd1p4 27722122 27722568 447 223.5K 0 Empty

Partition table entries are not in disk order.

——————————————————————————————————————————————————

masa@lve-v:~$ sudo ntfsfix /dev/sdd1
Mounting volume… $MFTMirr does not match $MFT (record 0).
FAILED
Attempting to correct errors…
Processing $MFT and $MFTMirr…
Reading $MFT… OK
Reading $MFTMirr… OK
Comparing $MFTMirr to $MFT… FAILED
Correcting differences in $MFTMirr record 0…OK
Correcting differences in $MFTMirr record 1…OK
Correcting differences in $MFTMirr record 2…OK
Correcting differences in $MFTMirr record 3…OK
Processing of $MFT and $MFTMirr completed successfully.
Setting required flags on partition… OK
Going to empty the journal ($LogFile)… OK
ntfs_mst_post_read_fixup_warn: magic: 0x00620020 size: 4096 usa_ofs: 101 usa_count: 100: Invalid argument
Actual VCN (0x2e0064006e0075) of index buffer is different from expected VCN (0x3).
Remount failed: Input/output error

——————————————————————————————————————————————————

It failed😪

 

 

DTM, Digital Audio Instruments Memo

Midi Thru
Quote

“What is a MIDI Thru?
A MIDI thru port provides a copy of the MIDI signal arriving at a corresponding MIDI in port. The data from the MIDI THRU socket can then go forward to the MIDI IN socket of another receiving device. … Software elements involved with routing MIDI data in computers are sometimes called MIDI thru utilities.”
Machine Drum’s Midi machine won’t output signal to Midi Thru.
That’s natural, but able to routing Midi signal from MachineDrum Midi machine to Midi Thru was preferable in my case…

 

Local Control

Midi Sync (Start, Stop, Clock)

Unsolved: Start Pattern of SP303 from MachineDrum

 

Akai s3000XL – Floppy Disk Drive cable replacement.

Normal FC-40P Data Cable replaceable? — Flat cable?

I have also S900, I heard it can use Zip drive.

 

I’m considering connect Mo drive to Akai S3000XL by this cable.
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00008BBJD/ref=oh_aui_search_detailpage?ie=UTF8&psc=1

SCSIケーブル DB25オス-HDB50オス
SCSIシステムケーブル2m、D-sub25pimオス(インチネジ)-ピンタイプハーフ50pinオス

Akai S3000XL archive of official page
http://web.archive.org/web/19970215072604/http://akai.com:80/akaipro/S3000XL.html

My Ubuntu could install Mesa by wine but couldn’t Launch…
http://rst.in-chemnitz.de/Akai/

This site seems funny

I remember, Once I replaced Akai S900 floppy disk drive and EL Back-light.
*Floppy drive
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B000ELJ682/ref=oh_aui_search_detailpage?ie=UTF8&psc=1
*Flat cable
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B000FG6OBI/ref=od_aui_detailpages00?ie=UTF8&psc=1

Unsolved: How to use NI AUDIO 10 Audio interface on Ubuntu

pavcontrol = PulseAudio Volume Control

Maybe I should configure .asoundrc

Reference here: https://www.native-instruments.com/forum/threads/audio-6-linux-support.136907/

This is for AUDIO 6, not for 10.
And I also have configure for wine.

#.asoundrc

=====================================================

@”test stream w/ sound alsa loopback”  https://www.youtube.com/watch?v=4_dpmES5-Sw
@ http://wikiwiki.jp/tetsuya/?asoundrc

asoundrc = ALSA configure file. Usually at $HOME/.asoundrc
{etc
/usr/share/alsa/alsa.conf
/etc/asound.conf
}

??? Can I check AUDIO10 device from my terminal?
??? How to check my alsa firmware version?

#alsa-lib

*ALIAS
Example

pcm.NAME {
 type hw # Kernel PCM
 card INT/STR # Card name or number
 [device] INT # Device number (default 0)
 [subdevice] INT # Subdevice number, -1 first available (default -1)
 mmap_emulation BOOL # enable mmap emulation for ro/wo devices
}

Source code

https://www.alsa-project.org/main/index.php/Download

Alsa firmware source code ( Now not used, for reference)
ftp://ftp.alsa-project.org/pub/firmware/

https://www.alsa-project.org/main/index.php/Matrix:Vendor-Native_Instruments

http://www.alsa-project.org/~tiwai/alsa.html

#hotplug #firmware #driver #loader #alsa-tools #