Logic キーコマンドメモ

キーコマンドを開く opt + k

おおよその位置にロケータを設定してサイクル再生  command + =「+」(ユーザー定義)

リージョンをナッジ opt + arrow (リージョン右クリックから移動>調整の単位を選択する) 参考 https://sleepfreaks-dtm.com/for-advance-logic/nudge-3/)

 

 

 

Advertisements

Apple Logicメモ

Logic のオーディオトラックは1トラックに一オーディオで同時発音はできない

コンプ コンピング テイクフォルダ

ズーム opt cont arrow

リージョンのコピー opt drag

リージョンの長さの変更 cont drag, cont shift drag

ツールの変更 esc num

Snapスマートモードはアレンジ領域の表示倍率に依存

ピアノロールエディタで

ベロシティツールで音量調整

すべてのレングスを同じにする

Opt shift drag

MIDIキーボードから調整

midi入力ボタンをダブルクリック

クォンタイズ

Q

3連譜 分解能 1 on 6 12 24

MIDI alias = shift opt drag

Hyper Editorでのドラム打ち込み

ルーラのタイムラインの単位

時間から小節へ変更

バールーラ

アレンジウィンドウの右上のアイコンクリックして時間、小節選べた

コンプレッサーにサイドチェーン使ってみた

マニュアルやばい

エフェクトの説明とか

 

Logic Exs24 mkIIのメモ

トラックをサンプラートラックに変換で、トランジェントの数をエディットは、サンプルエディタからViewの隣のアイコンをクリックして、ーと+マークをクリックして調節。

そのあとに(再び)サンプラートラックに変換する。

Spiritual Dub リミックス・マスタリング記録

Logicでリミッターをかけた。プリセットのラウドマスタリングのゲインとアウトプットの調整のみ。

S3000XLに入れて、M160からセンドでRE201とSP303のコンプ、TB09のオーバードライブをかけた。(ちょっと、0.4セントピッチを下げた。サンプリングレートも半分にした。)

そのあとS3000XLのローパスフィルターを−11にしてまた録音。

二つをミックスしてバウンス(ノーマライズあり)

 

Thank tow-dog.net for the nice photo!

https://w-dog.net/

電源タップの自作

ホームセンタームサシで材料、とりあえず購入した。

  • IV(紙巻)1.6 黒・白 1m 100円 × 2
  • マイクコード(紙巻)2*1.25 2m 560円
  • スライドボックス3個用 SB 628円
  • Pa設置Wコンセント WN1512 328*3 954円
  • ゴムキャップWH4007 168円

計 2510円

 

これに、ゆくゆくはEMCノイズフィルターを追加したい。

帰ってみていると、スライドボックス3個用 SB というのがなかなか奥深い形状をしている。

なんか2個用とも連結できそうだし、ノイズフィルターも連結できそうだなと見てる。

使用図リンク

https://shop.mirai.co.jp/

 

FullSizeRender

imacの消費電力調べてみたら、meのは

iMac (27-inch, Mid 2011)
27 インチディスプレイ、3.4 GHz Intel Core i7、4 GB 1333 MHz DDR3 SDRAM – 2×2 GB、1 TB シリアル ATA ハードドライブ、AMD Radeon HD 6970M グラフィックス
電力消費 熱出力
待機中 CPU 最大稼働時 待機中 CPU 最大稼働時
142 W 200W 485 BTU/h 682 BTU/h

最大で200Wくらいか。てか待機中もすげぇ使っているな。新型だと半分くらいみたいだが。

https://support.apple.com/ja-jp/HT201918

 

疑問点

  • コンセント同士の配線て、黒同士、白同士でいいのか。
  • これって直列つなぎなのか
  • 圧着端子は使ったほうがいいのか
  • ケーブルクランプはいるか

 

完成した。超簡易品。まさかのクランプなし。笑

抵抗測ったら、わずかに検出したので、断線は大丈夫。電源つないで、電圧測ってOKだった。

アンプつないで、音チェック。

2500円とは思えないサウンド。

すぐできたな。

あとグランドのこと調べたら、アース繋げない方がいいという記述を見た。余計ノイズ拾うらしい。驚いた。

パッチベイ ベリンガー px3000

この度、ステレオフォン->モノラルフォン*2 のケーブルを3本作り、パッチベイを活用するという残念な運びとなった。

自分の場合は、オーディオインタフェースFA101のステレオアウトから、サンプラーS3000XLへの入力と、ミキサーM160への入力をパッチングで実現した。

パッチングで、サンプラーもミキサーも出力をキャッチするようになった。

音質に関しても、良くなったので、尚残念な結果となった。

www(╹◡╹)

追記

正確には、オーディオインタフェースへのコンデンサーマイクの入力を、RADIASとs900にパッチしたのが最初だけど。

ボコーダーにコンデンサーマイク繋げられてテンション上がったけど、そんなにつかってないな。

こっちもコアなハックな気がする。

録音した声をボコーダーに入力して、ノートもレコードしたもの送ると、バッチリなルーティングだった。

Roland M-160 アナログラインミキサーのバランス/パンポットの交換(ポテンショメーターの交換)

このパーツが、最初はもう手に入らないと思ったくらい、なかなか入手できない。

仕様が合うものを探すのが大変だった。店の人に聞いても、「ちょっと時間をくれ」と言われて、探してもらったが、どうもセンタークリックのあるものは個人輸入しないと、在庫ないらしい。

100個単位で、注文が入ると、メーカーが作る、ちょっと受注生産的な流通背景があるようだ。

センタークリックのないものなら、一個単位で注文できるということで、下記のものをテスト用に注文した。

https://www.marutsu.co.jp/GoodsDetail.jsp?q=PTV112-4420A-B103&salesGoodsCode=13729246&shopNo=3

センタークリックのある、輸入することになりそうなものはこちら

https://www.marutsu.co.jp/GoodsDetail.jsp?q=PTV112-4220A-B103&salesGoodsCode=13729240&shopNo=3

 

データシートプリントアウトして、いろいろ調べましたよ。大変でした。汗

panasonicからも似たような仕様のものがあったのですが、こちらはテイパーが対数式でダメでした。

Taperとは、抵抗の変化特性で、A、B、Cなどで表されるのですが、その表記も地域によって異なるようです。

Screen Shot 2019-05-09 at 19.22.49

http://www.resistorguide.com/potentiometer-taper/

日本では、対数がA、直線がBとされています。

 

また、オーディオ用のポテンショの場合、結構対数を使うのですが、バランス・パンには直線を使います。

https://electronics.stackexchange.com/questions/101191/why-should-i-use-a-logarithmic-pot-for-audio-applications

この辺りは、人間の聴覚システムの話とか絡んできて、面白いです。聴覚心理とかですね。

あとパンはwikipediaで見たら、もともと映像の撮影技法の用語みたいです。

https://en.wikipedia.org/wiki/Panning_(audio)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%B3_(%E6%92%AE%E5%BD%B1%E6%8A%80%E6%B3%95)

 

ポテンショのことは、Aruduinoの実験で練習していて、いい実習だったなと思います。

Sunfounderのキットのチュートリアルをやったのですが。(途中で完全に止まってますけど。汗)

 

ステレオや、パンニングのいい勉強になりました。特に回路図レベルの話とか。

日本語ではあまりまだ語られていないようですが。

この辺りは本当に奥が深くて面白いです。特に映画監督を目指していたことのある私には、音でどんな像を描けるのか、考えるとワクワクしました。

「これがステレオ音像じゃー!」って感じのキックとスネアを作ってやろうと思いました。

右と左で違うフィルターとリバーブかけて、定位調整して面白い音像作ってやろうと思いました。

 

Logic エンバイロメントでMachindrumのMIDI入力をスルー(フィルタリング)する

Logic Machinedrum midiノートスルー設定

エンバイロメントから設定しなきゃいけないっぽい

midiインプットデバイスが選択できないのかな

インスペクタに項目見つからない

mdからノート情報送信しないようにできるかな 出来ないよう

やっぱりエンバイロメント使うしかないらしい

ということになって、エンバイロメントを2時間弱学習した。

そのことについては、別ページで書いている(ところ)。

案外簡単に書けた。

Screen Shot 2019-05-06 at 18.02.24

  1. Environmentウィンドウを開いて、(自分はMacもLogicも英語で使っています、たまにメッセージダイアログの回答ヘぼるけど…)
  2. レイヤーはClick&Ports選ぶ。
  3. 新規でトランスフォーマーオブジェクトを作る
  4. Input NotesかInput Viewオブジェクト、どちらでもいいけどその前にトランスフォーマーオブジェクトを挿入(インとアウトどちらもつなぐ)
  5. トランスフォーマーオブジェクトでモードを”Filter matching events”選択
  6. チャンネルを5−8を条件として選択(自分のMDはこのチャンネルのシグナルを送信している。デフォルトだと1−4。MDは4チャンネル使う仕様になっている。)

Screen Shot 2019-05-06 at 18.03.20

これで、MDが送信しているシグナルをスルーするようになった。

この設定だと、Logicのシーケンサー自体が、MDのシグナルをスルーしている。全ポート。

この先、もう少し細かく設定することになりそう。

Korg Radias Sound Editor (Mac) のエラー

Korg USB MIDI の更新(新しいものがリリースされていた)

にしても、ずっとMacとの連携取れてなかったな。突然、「呪われたゴシップガールのDVD」観てる時フリーズして以来、まともに連携してない。

調べてみると、設定が間違っていた。あれれ。

MIDI in – Radias Midi In

が間違いで正しくは

MIDI in – Radias Kbd/Knob

こうじゃないとデータ受信できなかったらしい。

解決して良かった。

ちなみにアウトは

MIDI out – Radias Sound

参考(英語)
http://www.korgforums.com/forum/phpbb2/viewtopic.php?t=35913&sid=94b7b6bc1e396c92a9b92d7b1f586792