jarコマンドによる実行可能Jarの作成

 

 

jar

オプション

c JARファイルの作成
f ファイル名の決定
v 内容のリストをverboseモードで
m   マニフェストファイルから値と名前を特定する
-C はfileオペランドで指定されたファイルを処理する際にディレクトリが一時的に変更される

 

参考
https://docs.oracle.com/javase/jp/8/docs/technotes/tools/unix/jar.html
https://docs.oracle.com/javase/jp/8/docs/technotes/guides/jar/jar.html

 

この時のディレクトリ・ファイル構成

~/Desktop/git/masa-examplesがソースのルートディレクトリ
     applications - JaydlePrototype01.java がメインメソッドを含むクラス
     practice - IOMethods.java  がメインクラスで使った依存するクラス

 

まず~/Desktop/git/にJaydleBuildディレクトリを作成
~/Desktop/git/masa-examplesから以下のコマンドを実行

 

javac -d ../JaydleBuild/ applications/JaydlePrototype01.java 
javac -d ../JaydleBuild/ practice/IOMethods.java

 

これでJaydleBuildディレクトリにクラスファイルができた。

 

masa@em-p:~/Desktop/git/JaydleBuildTest$ tree
.
├── applications
│   └── JaydlePrototype01.class
└── practice
    └── IOMethods.class

2 directories, 2 files

のように、

パッケージのディレクトリが作成されている。

 

次に簡単なマニフェストファイルを同ディレクトリに作成

Manifest-Version: 1.0
Main-Class: applications.JaydlePrototype01

 

そして、さっき作ったクラスファイルとマニフェストファイルをjarコマンドでまとめる。

masa@em-p:~/Desktop/git/JaydleBuildTest$ jar cmf Manifest.txt JaydleJarTest.jar ../masa-examples/

失敗。間違ったJARができた。

 

masa@em-p:~/Desktop/git/JaydleBuildTest$ jar cmf Manifest.txt JaydleJarTest.jar .

これでちゃんと作れた。

Screenshot from 2018-10-21 22-56-14

参考
jar コマンドで実行可能な JAR ファイルを作成する | まくまく Java ノート
http://maku77.github.io/java/jar/executable-jar.html

 

YoutubeのMVの音声を抽出してMP3として保存できます。たぶんLinux環境だと動きます。
https://github.com/iamaturtle113/Jaydle

WindowsとMacでは試してないです。Macなら動くかも?Windowsはターミナルのコマンドがちょっと厳しいか。

注 Youtube-dlコマンドがターミナルから起動できることが条件です。

 

Advertisements

Learning About “ActionPerformed” Method And Around “Actions” In JAVA Swing

JFCinanutshellActionListenerインターフェースとactionPerformedメソッドの実行あたりの事柄を整理したいと考えていて、中古で買った洋書を引っ張り出して来て、訳してみました。これはjava.awt.eventに属するみたい。

javax.swing.Action interface

David Flanagan著
JAVA FOUNDATION CLASSES IN A NUTSHELL, A Desktop Quick Reference (O’reilly) 1999, First Edition より

Chapter 3 – Swing Programming Topics – Actions (P26)

JFCtext

GUIソフトはいろんな方法で一つのオペレーションをユーザーにinvoke(呼び出す)ことを許す。
例えば、ユーザーはメニューからでもツールバーからでもファイルをセーブできるだろうし。捜査の結果は極めて同じ。二つの違うインターフェースを介してユーザーに与えられているのだ。

Swingはそのようなオペレーションに関する情報をencapsulate(カプセル化)する単純でパワフルなインターフェースだ。ActionインターフェースはActionListenerインターフェースをextend(継承)するだからActionインターフェースはactionPerformed()メソッドを含む。要求されたアクションを実際に実行するために実装するメソッドはこれである。それぞれのActionオブジェクトはそのアクションに対して追加的な情報を提供する任意の名前/値ペアを持つ。その値は大体以下を含む:そのオペレーションを名付ける短い文字列、グラフィックにそのアクションを表す一つのイメージ、そしてアクションのためのtooltipツールチップ(ふきだし)で使うのに適したより長い文の文字列。加えて、それぞれのActionオブジェクトはひとつのenabledプロパティとenable利用する、disable利用しないということを認可するsetEnabled()メソッドを持つ。(もしあそこでどの文も選択されてないならば、例えば、”切り取り”アクションは通常disableである。)

あなたはひとつのアクションオブジェクトを直接JMenuやJToolBarに追加することができる。あなたがこれをするとき、そのコンポーネントは自動的にそのアクションを表すためのJMenuItemかJButtonを作る、それはそのアクションの捜査をユーザーに対して可能にしそのアクションのテキスト的な描写とグラフィカルなイメージを適切に表示する。

To be continued ..

 

Run Gauche Interpreter on Eclipse with SchemeScript Plugin

First you supposed to have Gauche interpreter on your system.

Here
http://practical-scheme.net/gauche/download.html

And install Eclipse plugin from

Help > Install New Software

Work with:
http://schemeway.github.io/SchemeScript/update-site

GaucheEclipse

And configure from

Eclipse > Preferences > Scheme > Interpreter > External Interpreter

Command line:

gosh -i
Window > Perspective > Open Perspective > Scheme

and launch Scheme perspective.

Menu > Scheme > Select Interpreter > External Interpreter

And start interpreter.

Good luck😂

Gauche Eclipse

 

 

GAE (Google App Engine)で遊ぶ

公式サイトからダウンロード。ワタクシの場合はJavaザマス。

https://cloud.google.com/appengine/downloads?hl=ja

ダウンロードしたあとは、解凍して、シェルにパスを通すみたい。binディレクトリ。
ファイルの置き場迷うが、 /usr/local/ 下とする

export PATH="$PATH:/usr/local/appengine-java-sdk-1.9.63/bin/"
その際の参考資料
Windowsユーザーに教えるLinuxの常識(3):各ディレクトリの役割を知ろう(サブディレクトリ編) (2/2)
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/0109/07/news002_2.html

 

以下、クイックスタートに沿って、リアルタイムで進行中

 

git cloneでソースのダウンロード。
私の場合 ~/Code/googleAppEngine/ にダウソ。

mvn appengine:devserver

を実行。
なんか、

[INFO] INFO: Dev App Server is now running

となり、サーバーが起動中になってるみたい。
http://localhost:8080/

にブラウザからアクセスすると、

Event tracked.

と書いてある。

mvn appengine:devserver コマンドを実行するディレクトリ間違えた。

…/appengine/helloworldで上記のコマンド実行、localhost:8080/にアクセス ->

ブラウザに

Hello, world

と書いてある。

 

次は、プリント文の中身を書き換え、mvn clean packageを実行して、リビルド。
ワタクシのバアイハ、

This is Test web page of Masataka Nakamura a.k.a La Ville Eternell
Overriding Google App Engine Example 'Hello World App'.
This is Java SDK.
Other contents coming soon maybe..
By teh way I wanna go Siliycon Valley... huh,,,

にした。

 

そして、デプロイのためにCloud Platformプロジェクトと、App Engineアプリケーションを作った。

プロジェクト名は… λ 笑
masa’s first project にした。

リージョンはアメリカ西海岸にしてみた。

サインインに

4/cQCmazgJm8NWlnKt4JJbZvrMqjeHTr1VINh-lDFTIPp7rMZJ1qvQXRw

をアプリにコピペしてくれとある。

なんかよくわからないなと思ったら、google cloud platformに登録しなきゃいけないっぽい。

登録してSDKをインストール。linux版はココから

gcloud init とかでログインしてたら、
.botoファイルを作ったらしいな。これ。

 

・Ubuntuのエラー

よくコンソールみたら、

(java:18774): Gtk-WARNING **: Unable to locate theme engine in module_path: “adwaita”,

ってエラーも出てる

 

https://askubuntu.com/questions/774664/gtk-warning-unable-to-locate-theme-engine-in-module-path-adwaita-error-o

sudo apt install gnome-themes-standard

で解決かな。

 

SuccessCodeのペースト先がわからん

IAM

 

オンラインのチュートリアルに従うと、なんかデフォルトの…でデプロイできなかった。

yamlがないとgcloudコマンドでデプロイできないとなる。
yaml作るか?

gcloud init で 使うプロジェクトをオンラインチュートリアルでつくったものに変えた。

cloudshellでmavenのプラグイン足りてないってエラー。

appengine系のプラグイン足りてないみたい

mvn appengine:devserver これはローカルからアクセスできるようにするためのコマンド

 

mvn appengine:updateの結果
[INFO] Running -A masas-first-project -V masas-first-project1 –oauth2 update /home/masa/Code/googleAppEngine/java-docs-samples/appengine/helloworld/target/appengine-helloworld-1.0-SNAPSHOT
The following URL can be used to authenticate:
https://accounts.google.com/o/oauth2/auth?access_type=offline&approval_prompt=force&client_id=550516889912.apps.googleusercontent.com&redirect_uri=urn:ietf:wg:oauth:2.0:oob&response_type=code&scope=https://www.googleapis.com/auth/appengine.admin%20https://www.googleapis.com/auth/cloud-platform
Attempting to open it in your browser now.

これはappcfgの話みたい。それへの許可を与えるための画面かな。

英語版の”Quickstart for Java 8 for App Engine Standard Environment“を試す。

gcloud auth application-default login

で、ブラウザからAuth Libraryをトラストするかというの話になる。トラストした。

You are now authenticated with the Google Cloud SDK!となる

 

gcloudコマンドの説明
https://cloud.google.com/sdk/gcloud/

 

 gcloud components install app-engine-java

コマンドを実行。なんかインストールした。

git clone https://github.com/GoogleCloudPlatform/getting-started-java.git

で別のソースをダウンロード

 

gcloud info
たたいたら、ダウンロードディレクトリにインストールされていることがわかった。移動したいな

Installation Root: [/home/masa/Downloads/google-cloud-sdk]

 

 

mvn appengine:deployのエラーコード

[INFO] GCLOUD: ERROR: (gcloud.app.deploy) The current Google Cloud project [testproject-218805] does not contain an App Engine application. Use `gcloud app create` to initialize an App Engine application within the project.

`gcloud app create`でプロジェクトのアップエンジンアプリを初期化してくださいと出てる。
そのとおりにして、またmvn appengine:deployすると。。

Screenshot from 2018-10-08 15-04-36

実は、stackoverflowにも質問していた

 

「ウィキリークスの秘密-ジュリアン・アサンジ完全密着-」 というドキュメンタリー映画を観た

「ウィキリークスの秘密-ジュリアン・アサンジ完全密着-」 というドキュメンタリー映画を観て、感化されたので、さっと感じたことをこのパブリックノートに書きます。

数日前、うみみらい図書館で「クリーンコード」という、コーディングに関する本を読みました。そこに、Wikipediaの周りのプログラマの話も載っていて、(いま、創始者のジミー・ウェルズについてググったけど、ちょっと記憶ちがいかな)こういうWebサービスを開始する人も、かなりプログラムうまかったりする。

ジュリアン・アサンジも書けるプログラマ、、みたい。なんかハッキングてか(、クラッキングだね)にも少年時代関わってたんかな?その「クリーンコード」では、プログラミング手法とかで業績上げたようなプログラマのことが、本人の肖像イラスト画つきで描かれていて、面白かった。(デザインパターンとか、エクストリーム・プログラミングとか、オブジェクト指向とかのイノベーター)ジェフ・ベゾスも書けるプログラマだしね。

たぶんアサンジも、このWebサービス始めようと思うまでに、いろいろなプログラムを勉強して、もちろんその周りの理学(数学、物理学、化学)も学んだだろうし、社会のことも考えていたと思う。てかこの人ジャーナリストでもあるし。
デスクトップユーティリティープログラムのアルゴリズムや、OSの仕組みとかも勉強したろうと思う。

で、ある時、「ドッカーン」ってことだろうね。社会に必要なプログラムが頭に降りてきて、しかもコーディングができる。あとサーバーの設立・管理ができて、そこに人がアクセスしたくなるサーバ・アプリケーションを作った。

201109_3_c1

映画を観て、感じたことは、ヨーロッパ的な価値観と、地続きの異文化としての中東、そして移民していった兄弟としてのアメリカ。そのアメリカが、イラクと戦争を起こし(ずっと前から石油を巡って侵攻していたけど)、そこでハイテク最新兵器を使って、圧倒的な力で暴力事件を起こしている。

今日、インスタでpolicepostsというアカウントで、警察がカップルを捕まえるところをみていた。映画の中では、六人の民間人が、多分特に理由がなく、銃撃をうけて、それを助けようとした人まで撃たれていた。子供も二人いて、重症を負い、いまも後遺症が続いている。

歴史の本とテレビ(NHKもたまにはいいことをする)で学んだことによれば、私有財産が生まれる前は、人類はもっと平和に過ごしていた。総力戦的なことはあまりしなかった。現代は戦争があまりに巨大化している。どこかで人間の動物性が壊れて、凶暴化しているのでは。。

ある日、大事ななにかが壊れることがある。今日アマゾンから届いたパッケージの中に、アフリカの子どもたちに募金を募るパンフレットが入っていた。そういえば、インスタでも、ボランティアのポストにコメントしたな。

アメリカは好きだけど、軍事行動の闇は地球の精神を侵している。それが強く心に残った。少数の悲劇の当事者のことを考えずにあってはならないと思う。

ウィキリークス
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%82%AD%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%82%B9